エッチ体験談 ツーショットダイヤル テレビ電話アダルトチャット 人妻と出会えるツーショットダイヤル 出会えるツーショットダイヤル 女性と出会えるツーショットダイヤル

人妻とのツーショットチャット電話!出会ってエッチが出来るわけだが‥

更新日:

エッチチャットで人妻とバーチャルセックスは楽しいですが

やっぱりリアルでも人妻とエッチしたい!!

最近の話だと奥様は口説けば意外にイケるって話‥

それにしても最近の人妻は‥本当に美人やら可愛い子が多い!

自分が年をとっただけですか?

既婚者を性の奴隷にしてやりたいぜ!

9: 名無しさん@ピンキー 2006/12/13(水) 21:44:27 ID:gUZBN+a/0
隣のおばさんと弟がゴルフ場の脇でカーセックスしてた。

10: 名無しさん@ピンキー 2006/12/13(水) 21:52:06 ID:???0
セレブっぽいオバサマが近所にはいない

11: 名無しさん@ピンキー 2006/12/20(水) 21:28:17 ID:???0
>>9
隣のおばさんと弟は何才?

13: 名無しさん@ピンキー 2006/12/21(木) 18:42:54 ID:???O
昔綾瀬のハイムアルファあの5Fに住んでたオッパイデッカイヒロコさん好きでした!もしこれ見たら連絡を

15: 名無しさん@ピンキー 2006/12/22(金) 09:41:12 ID:???0
近所にはおばあさんしかないぞ

24: 名無しさん@ピンキー 2006/12/23(土) 03:35:46 ID:???0
今の日本の女ってさ
学生のころはチヤホヤされて
昔のように女らしさを押し付けられる事もなく
バイト探せば楽な仕事は女しか採らないし
力仕事は当然免除されて
社会に出るときにはアファーマティブ採用で
公務員なら女優先採用で
パン職なら楽に有名企業入り出来て
一生働くつもりもないから
残業は女だからと断って
転勤は女だからと断って
定時に帰って合コン買い物
上司に叱られれば泣けばいいし
気に入らない男はセクハラで訴えて
仕事がうまく行かなくても男社会だからと言い訳して
出世出来なけりゃ女性差別と騒げばいいし
しんどい時には生理休暇
育児休暇もたっぷりとって
キリのいいところで結婚退職して
家事育児は平等に分担で
夫の財布はしっかり握って
自分はレストランでランチ食って
夫が気に入らなきゃ離婚して慰謝料とって
私は耐えてきたと抜かす

これが現実、そしてこの行為が許されるのも、また現実

26: 名無しさん@ピンキー 2006/12/23(土) 06:13:55 ID:BbIzbGmTO
>>24
あなたはすばらしい!おっしゃる通り。
現代社会のすべての元凶はおっしゃる実態にある。

おばちゃんにチン〇見られて喜ぶしかないね。やってられんからね。

30: 名無しさん@ピンキー 2006/12/26(火) 09:35:49 ID:461svxGG0
近所のオバサンが近所の八百屋と付き合ってる

31: 名無しさん@ピンキー 2006/12/26(火) 09:59:07 ID:???0
>>30
お互い独身なら健全な恋愛だが

32: 名無しさん@ピンキー 2006/12/28(木) 21:53:36 ID:R241ZAv20
その八百屋はナスと称して黒光りする陰茎を見せとる

33: 名無しさん@ピンキー 2006/12/29(金) 01:53:00 ID:???O
セクハラ親父か

37: 名無しさん@ピンキー 2007/01/04(木) 11:47:39 ID:DJAwDSMg0
>>30
近所の奥さんにアタック

45: 名無しさん@ピンキー 2007/02/07(水) 14:51:59 ID:W5rtZlNt0
フェイス神田店行ったら凄え!!手コキ触り放題結構普通の人妻が売り超エロ

47: 名無しさん@ピンキー 2007/02/07(水) 18:33:48 ID:6SDDOfgp0
隣のうちに突撃し旦那にファック!!

49: 名無しさん@ピンキー 2007/02/16(金) 18:40:16 ID:gZyPkP0Y0
今日、昼間嫁とモーニング食べに行ったら、以前うちの隣のコーポに住んでた41歳
の川田亜子似の人妻と会った。どっかへお出かけするのかかわいらしいフェミニン
なスカートはいてた。40を過ぎてケツの肉付きが良く思わず触りたくなった。この
嫁前に風呂を覗いたことがあり、すごい剛毛のマン毛の持ち主であることも知って
るのであそこがおったってたまらんかった。

50: 名無しさん@ピンキー 2007/02/16(金) 22:10:12 ID:???O
うらやますぃ

53: 名無しさん@ピンキー 2007/02/17(土) 10:32:05 ID:hmBE5Y/C0
美佳さんとは月に二度だけの関係
乳首が俺的には好みでないが

54: 名無しさん@ピンキー 2007/02/18(日) 12:20:08 ID:???O
>>53
もっと詳しく書かんかい!

55: 名無しさん@ピンキー 2007/02/19(月) 11:10:18 ID:???O
うちのご近所に美熟女は住んでません。
お婆ちゃんしか住んでません。
若い娘も住んでません。

60: 名無しさん@ピンキー 2007/03/02(金) 21:55:13 ID:rll6raP30
下町E区。隣の奥さん、旦那と別れてずいぶん経つらしい。
病院勤めとは聞いていたけど、かなりの男達を連れ込んでるなんて初めて聞いた。
クリーニング屋のアンちゃんも、保険屋のおじさんも、みんな精子を飲んでもらってる。
俺のも飲んでよ。

63: 名無しさん@ピンキー 2007/03/17(土) 14:16:31 ID:???0
大学の時、隣のおばさんと関係しました

64: 名無しさん@ピンキー 2007/03/23(金) 17:41:34 ID:???0
俺も大学1年の時に隣の奥さん(38歳2児の母親)とエッチしたよ。
ちょうど夏休みで帰省していた時だったけどね。
その日は、中学時代からの悪友3人でナンパを兼ねて街に飲みに行ったのだけど、
まったく成果がなくて、ダチもう1人呼んで麻雀にでも切り替えようと話していたら
不意に後ろから「○○○ちゃん」って声を掛けられたのが、関係の始まりだった。

65: 64 2007/03/23(金) 18:19:45 ID:???0
振り向くと、そこにはお隣の奥さんが。
俺も反射的に「おばちゃん」と間抜けな顔して答えてしまった。
(お隣の奥さんのことは、俺はガキの頃から「おばちゃん」と呼んでいた)
実は正直言って、簡単な会釈・会話はしても話し込むのは、その日が始めてだった。
しかし厨房の頃からのオナネタだったこともあり、結構彼女の家庭環境は知っていた。
(こう言うのを今風にストーカーっつのかなw)
お隣の奥さんは、その日、職場の同僚と(職場は病院で彼女は准看です)
新任医師の歓迎会のようなものに出ていたそうですが、宴会が盛り上がりに欠けたらしく、
面白くなかったので2次会はパスし、そして同僚3人と一路、帰路に付いたそうです。
その帰路で俺たちを見つけたみたいでした。(しっかりとナンパ失敗を見られていました。)

おばさんは、俺たちががナンパしまくってることを知ってたが、そ知らぬ顔で
「こんな時間に、こんな所で、何してるの?」って嫌味っぽく聞いてきた。
俺にとっては、不意打ちのようなものだったので、シドロモドロでただただ
慌てふためいたのだったが、その状況を察してか友人の一人(こいつが無類の女好き)が
「飲みに出たけど、週末だからどこも満員で、しかたなく路上で遊んでるの」と
甘えるように言いと、おばさん達「ウフフ」と薄ら笑いしながら「そうなの」とやり返された。
その友人は「どこかお酒飲める店知りませんか?」とまるであ・うんの呼吸で聞くと、
おばさんのうちの一人が「どこどこだったら空いてるのじゃない?」と釣られて言った。

66: 64 2007/03/23(金) 18:34:22 ID:???0
その言葉を聞くや否や、その悪友、「そのお店何処ですか?、連れて行ってよ、一緒に飲みましょうよ」と
先ほどの甘えから、今度は強引な押しに、その気迫?強引さに負けてか、また別のおばさんが、
他の二人に「どうする?まだ時間早いし、行く?」とこそこそと相談していた。
俺は正直、「え、嘘だろ?」と嬉しいのか、悲しいのか分からん複雑な心境だった。
(しかし、その女好きの友人の口説きのテクニックの一旦を垣間見た時は、凄ーと思った)
そして、俺たちのその日のナンパの成果が、3対3の合コンへとw

68: 64 2007/03/24(土) 18:37:54 ID:???0
俺たち3人は、おばさん3人組の行き付け?の飲み屋に行くことになった。
歩きながら俺は、話題を必死に考えていた。何しろおばさん達とは世代が
1つも2つも違うのだから、会話が成立するかどうか不安だったからだ。

店は10分ほど歩いた繁華街の外れにあった。入ってみると客は誰もいなかった。
店の人が「さっきまで1人いたけどね」とダルそうに言った。まるで貸切状態そのものだった。
今から10年ほど前の話なので、バブルが弾けて、不況の真っ只中の頃だった。
特に地方の経済はお先真っ暗な頃で、そのしわ寄せは繁華街をモロに襲っていたようだ。

兎にも角にも、熟女看護婦3人組と俺たち若者3人組の合コン?は始まったw
始まってみると当初、危惧していたコミュニケーション不足によるシラケムードは杞憂に終わった。
女好きの友人が、弾けまくってくれて盛り上がりまくっていた。
どうやら奴はお持ち帰りは考えていなかったらしく、「大いに楽しもう」と割り切ったようだった。
俺ともう1人の友人は、その女好きの友人に合わせながら場を盛り上げたのだった。
勿論、下心はその時点ではなかったのは、言うまでもなかった。

69: 64 2007/03/24(土) 19:20:23 ID:???0
ここで、俺が隣のおばちゃんをオナネタにするようになった訳だが
忘れもしない、小学6年生の夏休みのある日だった。
台風が俺の居住している地域を襲った。(台風の来襲事態は取り分けめずらしいことではなかった)
その台風は規模はそれほど大きくはなかったが、非常にゆっくりとしたスピードだったこともあり
前線を刺激し続け、稀に見る豪雨となっていた。
前日から降り続いた雨により、近所の河川が氾濫し始めていたのだ。
そして遂にその夜8時頃、県より避難命令が出されるに至った。
俺も俺の両親も、取るものも置いて財布だけを持って近所の中学校に避難することになった。
既に道路は冠水し、玄関先まで水が来ていた。

俺たちは少し高台にあった中学校の体育館へ避難した。そこには既に多くの人が避難していた。
友人たちも大勢いて、久しぶりに逢う顔に不謹慎にも嬉しささえもこみ上げてきたくらいだった。
俺たち家族は体育館の入り口近くに陣取った。
半時間位たったのだろうか、お隣さん一家も体育館に避難してきた。まだ3歳くらいの女の子を
旦那さんが抱っこして、その後を奥さんが入ってきた。
一家は、すぐに俺たち家族を見つけたらしく挨拶にやって来た。そして隣に陣取ったのだった。
その時の目の当たりにした光景が俺にとってのイタ・セクスアリスとなった。
まだ小学生だった俺のすぐ隣で、着ていたレインコートを脱いだのだった。
その下には、白いブラウスが雨の雫で濡れて、彼女の体に纏わりつくようにピタッとくっ付いていた。
その豊かなオッパイを包んでいるブラジャーも雨の雫によってクッキリと透き通って柄までも見えていた。
何よりも座っていた俺の目の前に、ショートパンツから伸びた彼女の真っ白な生脚があった。
そして、極めつけは、雨に濡れた髪を掻き分けていたその姿に、本物の人妻の艶気を感じ、
子供心にも興奮したものだった。
チンチンはなぜか、ビンビンになっていた。当時は自分自身理由がよくわからなかったがw
(しかし、あの状態でもしっかり化粧をしていた奥さん、女って凄いよね)

71: 64 2007/03/25(日) 18:02:50 ID:???0
当家と隣家はとなりあっていて、玄関・間取りも似たような感じだった。
従って、俺の家(部屋)からは、隣の家は残念ながら覗くことが出来なかった。
勿論、覗きに行く勇気もなかった。しかし都合がいいことに俺の家の斜め前方が、隣家の庭になっており、
その庭は駐車場として使用されていた。そこには、彼女の軽自動車が駐車されていた。
そして彼女は毎日その車で出勤をしていた。私はいつの頃からか彼女の出勤風景を見るのが日課となっていた。
その出勤を見届けて、学校へ行ったのだった。(中・高と直ぐ近くだったことと、彼女の出勤が比較的早かった)
その際、彼女はいつもスカートを穿いていたので、車の乗り降りの際、斜め上の俺の部屋から時として、
見事なパンチラを見ることが出来たのだった。毎朝、チンチンを扱きながらスタンバイしたものだったw
(車の駐車の向き、角度によって、また彼女自体の脚の開きによって見えない場合もあったが)
そして朝シャンならぬ、朝オナですっきりとして学校へ行ったものだったw
しかし、それも2年ほどでダメになってしまった、おばちゃんの妊娠発覚、そして出産による一時的車禁止と
隣家のカーポート設置がトドメをさしたのだった。残念・無念。
それ以後は、親父のニコンの望遠で隠し撮りしていたパンチラ写真で抜くのだった。

まあ、そんな俺も高校1年の時、後輩の中学3年の子に告られた、その子結構カワイかったので
交際するようになった。そして筆おろしはその女の子だった。(高校合格記念に)勿論処女!!!だったよ。
高校2年間はその子とヤリまくった。
あの夏の日以来、気になって気になってしかたなかったおばちゃんだったが、
彼女とヤリまくるのと比例して頭の中から忘却の彼方へとなっていった。

72: 64 2007/03/25(日) 19:00:18 ID:???0
やはり不況だったのか、週末であったが、結局自分たち以外、客は誰も来なかった。
貸し切り状態なので、女好きの悪友を中心に誰憚ることなく騒ぐことが出来たのだった。
おばさん3人組も「歓迎会は最悪だったけど、ここは楽しい」と一緒に家庭を忘れて?楽しんでいた。

そして「告白タイム」ならぬ「チークタイム」に・・・・
(こんな時は、目だって中心にいる奴が得するのですね・・・)
女好きの悪友が、すかさず隣のおくさんにアプローチ、俺ともう1人の友人は嫌々ながら
残りの50近いおばさんと40半ばのおばさんとチークに、正直、直ぐ止めたけどw
隣のおばさん、決して美人ではありません、勿論ブスか美人かと問われれば美人の部類に入るかと思いますが、
ただ、何故か魅かれるものがある人です。残りの2人は、はっきり言って添え物ですたw

その状態を見て、俺は、悪友が隣のおばちゃん(洋子さんといいます。以下洋子さん)を狙ってることを直感したのだった。
勿論、俺自身がどうこうしようと思ってるわけではなかったが、こいつの「毒牙にかかるのか」と内心ハラハラものだった。
まあ、アルコールが入ってるとは言え、かつての憧れの人妻への悪友のセクハラには正直、いい気分ではなかった。
しかも洋子さんも「セクハラモドキを楽しんでいるのか?拒否しろよ」と
疑いたくなる節もあったくらいだった。
転機があったのは、40半ばのおばさんが、まだ、それほど遅い時間ではなかったが
「明日は早出なので、もう帰らないといけない」と帰ることになった。
そのおばさんが帰ってから、直ぐに、俺のもう1人の友人に彼女から「お○○こコール」が。
いつのまにか彼女に居場所をしらせていたらしい。尻に敷かれてたからな、奴はw
そのまま、いそいそとエッチをヤリに帰ったことは言うまでもないw

結局 2vs2になったけど、水入り後は盛り上がりにかけたのだった。

74: 64 2007/03/25(日) 19:20:56 ID:???0
若干シラケムードが漂いかけていたので、
俺は意を決しって「もう、お開きにしようよ?」と、
その時、女好きの悪友が何か言おうとしたが、
間髪入れずに、洋子さんに「おばちゃん、帰るの?帰らないの?どうするの?俺帰るよ」と。
おばさん、結構アルコールが入ってたらしく、少し目がトロンとしていて、
呂律も少し回ってなかったが、 意識の判断は大丈夫らしかった。
( どうやら女好きの悪友が、俺の知らない内におばさんに結構飲ましていたようだった)
そして「うん、帰ろうか」と言って立ち上がったのだった。
その時の女好きの悪友のや~な顔は忘れられないwざま~見ろと100回言いたいw
そして清算を済まして、店外に。
そこで俺は家が隣なので、タクシーで洋子さんと一緒に帰ると言ったが、
悪友は「もうちょっと良いジャン」とか「まだ早いよとか」必死で引き止めていたw
未練タラタラだった。そんな女好き悪友を横目に見ながら俺は洋子さんの腕を強引に引っぱって、
タクシー乗り場の方に連れて行くふりをした。
少し歩いて振り向くと、俺とは逆に、奴は50おばさんに強引に腕を握られて、
逆方向に連れて行かれていた。正直、俺は内心笑いが止まらなかった。

勿論、その時点では本当に帰る計画でした。奴の毒牙から救ったとの自己満足で気分は爽快でした。

75: 戦闘機 2007/03/26(月) 05:26:59 ID:zE8wuNSHO
私は、39歳です。
私の家は、坂に建っていて上の隣の家の奥さんは、35歳位で普通の奥さんで、一度も喋った事は無く顔を合わせると挨拶ぐらいです、私は、タバコが家で吸えないので庭で吸っているのですが私の庭から隣の洗濯物を干している所が丸見えなのです。
隣の奥さんは、いつもブラジャーやパンティ等を私の庭から見える場所に干しているのです。
結構派手な下着を干して、私を誘っているのかなと錯覚を起こしています。
皆さんどうおもいますか?今時下着を外に干す人などあまりいないと思いますし、こちら見える様に干しているのです。
今では、下着のローテーションがわかる程です。

76: 名無しさん@ピンキー 2007/03/26(月) 12:38:17 ID:???0
>>74
そろそろ、ぶち込むのですか
ワクワクですな

78: 名無しさん@ピンキー 2007/03/29(木) 15:25:45 ID:4JMd3T6U0
隣の奥さんと仲良くなりたい。推定年齢40歳。
小柄で可愛らしい。でもちょっと冷たいような感じもする。
みなさんはどんなきっかけで仲良くなってますか?
因みに私は30代前半既婚です。
子供同士はけっこう仲が良く遊んだりしています。

79: 名無しさん@ピンキー 2007/03/29(木) 16:40:27 ID:c5uUFALYO
>>74
今からが!いい所じゃないか!続きは?

80: 名無しさん@ピンキー 2007/03/29(木) 18:24:15 ID:???0
>>75
早く誘わないと、下着を干す向きが変わっちゃうぞ。

81: 64 2007/03/30(金) 18:00:43 ID:???0
漆黒の闇に消えて行った悪友と50おばさんを見送った俺は、洋子さんと帰路につくことになった。
地方の小さな都市(と言っても一応、県庁所在地ですけど)なので、繁華街から住宅地までは、
さほど離れてはいなかった。特に俺の家は中心街に比較的近く、歩いて帰ることが十分可能な地点だった。
合コン?お開きが比較的早かったこともあって、酔い冷ましに二人で歩いて帰えることとしたのだった。
 洋子さんはかなり酔いが回っていたようで、フラフラと危なかしい足取りで、俺の前方を歩いていた。
当初、俺は後方からその様子を伺いながら、彼女の後を追った。
少しその状態が続いたが、急に洋子さんは早足になったかと思うと、近くの路地の一角に走り込んだのだった、
そして、その場にしゃがみ込み、「ゲー、ゲー」と胃の中の物を戻しはじめた。
俺は、「あちゃ~、やっちゃったよ~w、飲み過ぎ」と独り言を呟きながら、洋子さんの横に急ぎ馳せ参じた。
そして俺は「おばちゃん、大丈夫?」と優しい言葉を掛けながら、彼女の背中を擦ってやった。
 おばちゃんは、吐き出すものがないのか、かなり苦しそうだった。俺は辺りを見回して見つけた自販機で
ペットボトルの「六甲のおいしい水」を2本買い込み、彼女に飲ませた。
丸1本、飲みながら、戻しの繰り返しでアッと言う間になくなった。その内気分が良くなったみたいで
おばさんは俺に「ごめんね、こんな醜態見せて」と。俺はその言葉を聴いてないふりをしながら
残りのペットボトル(勿体無いと思ったけど)の水で彼女の吐き戻したゲロを洗い流したのだった。

82: 64 2007/03/30(金) 18:23:38 ID:???0
どうやら、洋子さんもアルコールを吐き戻したことで、かなり気分は良くなっていたみたいだった。
しかし酔いは完全には取れていなかったようで、しゃがみ込んでいた彼女が立ち上がろうとした時、
フラ付き、側にいた俺にしがみ付いてきたのだった。
「ごめんなさい」と可愛く言いながら、俺の右腕に自分の左腕を回してきたのだった。
(そうしなければ、上手く歩けないのだと思った)
俺たちはまるで恋人同士のように腕を組みながら漆黒の中を歩いて行った。
洋子おばさんがフラ付く都度、右腕に彼女の左の乳房の柔らかさが、ブラジャーごしに、伝わってきた。
そして、洋子さんの化粧と香水の香りが、彼女の汗と匂いと相まって
何ともいえない香りとなり、俺のチンチンをビンビン刺激してきたのだった。
願わくば、このまま「時間よ止まれ」と心の中で叫んでいた。

93: 64 2007/03/31(土) 20:12:35 ID:???0
俺は洋子おばさんと腕を組んで漆黒の中を歩いて帰宅を急いでいた。
しばらく歩いていくと三叉路に出てきた、真っ直ぐ行くと自宅へ直行となり、
右へ曲がるとラブホテル通りだった。ラブホが6~7軒連なっている地区だった。
俺は、その三叉路に出るまでに、ラブホ通りを通ろうと頭の中で決めていた。
そして隙あらば洋子さんを喰ってやろうと考えていた。
しかし頭の中では、拒否された時の言い訳ばかりしか浮かばなかったがw
三叉路の交差点が近づくにつれ、俺は身体を右の方に徐々に寄せていった
彼女の体も俺の体重移動によって右のほうへ誘導されて行った。
そして何事もなく、ラブホ通りへ。(通りを通っても一応は家に帰れます)
流石に、それまで陽気だったおばさんも無口になっていた。
俺の心臓はドキドキと高鳴っていた。自分自身にここが正念場だと言い聞かせていた。
 1軒、2軒とやり過ごし、そして最後のホテルの前で俺は不意に立ち止まった
そして、ネオンのかすかな明かりの中彼女の顔を見つめた。
おばさんは一瞬驚いたような感じだったが直ぐに、「ん~、も~、やっぱり」と苦笑い。
しかし強い拒否反応は感じられなかった。やはり酒が人妻をも解放的にするのだろうか。
俺は彼女の腕を掴み、ホテルの中へと連れ込んだ。その間彼女からの一切の抵抗はなかった。

97: 64 2007/04/01(日) 19:08:34 ID:???0
俺は洋子さんを半ば強引にラブホテルの中へ連れ込んだ。
彼女は、ほとんど抵抗らしい抵抗はなく、俺に付き従ってくれたのだった。
フロントで前金の清算をして鍵を貰った。その間も俺は洋子さんに逃げられないように
しっかりと彼女の少し荒れた手を握っていた。
その時の部屋が2階だったか3階だったかは、今となっては覚えていないが、
誰もいない通路を俺は彼女の手を握ったまま引っ張っ行き、そしてエレベーターに乗り
部屋に向かった。その間二人は一言も交わさなかった。
 そして、部屋の前まで来た。
洋子さんは心なしか緊張していたようだった。少し顔が引き攣っていたように見えた。
俺は無意識に自分の前方に洋子さんを置き、鍵を鍵穴に突っ込んだ。
「カチャ」とロックが解除される音が廊下に響いた。その瞬間、洋子さんが一歩下がろうとした、
そして、俺の身体にブツかったのだった。俺はブツかった身体のまま、ドアを開け
洋子おばさんごと部屋の中に入った。
(今から考えると、あの時おばさん無意識に逃げようとしたのではと思う)
部屋の中は冷房が効いてて、蒸し暑い外と比べて天国のようだった。
俺は、早々電気のスイッチを入れた。

98: 64 2007/04/01(日) 20:56:21 ID:???0
俺は室内の電気が付くや否や、洋子さんに「おばちゃん~」と叫びながら
彼女の唇を半ば強引に奪った。
不意を付かれ驚いていた洋子さんだったが、既に観念したのか、身体の力を抜いて
俺のキスを受け入れてくれたのだった。俺は思い切って彼女の唇の中に舌を入れた。
彼女も俺の舌に自分の舌を積極的に絡めてきてくれたのだった。酒とゲロの匂いがw
いつの間にか彼女の両腕は俺の腰の周りに添えられていた。これでもう大丈夫だと思った。
 俺はゆっくりと彼女の唇から、自分の唇を離した。そして彼女の目を見つめながら
ブラウスのボタンに手を掛けた。1つ、2つとゆっくり外していった。
その間彼女は少し不安そうに、俺を見つめていた。
ボタンを全て外し終わった俺は、ブラウスをスーっと肌蹴させた。するとそこには
刺繍の施された、黒いブラジャーに包まれた柔らかそうなおっぱいが2つあった。
そして俺はそのブラウスを脱がせた。彼女は脱がせると同時にすばやく両手を腹部へと
当てていた。
今度は、俺は目線を彼女の腰の位置に移した。そしてタイトスカートの止め具を外した後、
ファスナーを下ろし、そのスカートを足元に下ろさせようとした。彼女は足踏みをするような
格好でスカートを脱がすことに協力してくれたのだった。
そして俺の目の前に飛び込んできたその姿は、ブラジャーと対になっていると思われる
刺繍入りの透け透けのブラックショーツにやはり黒いガーターベルト・ストッキングだった。
初めてなまで見た人妻のガーター姿に俺のチンチンはビンビン状態だったことは言うまでもなかったw
その姿は迫力満点だった。

99: 64 2007/04/01(日) 21:31:03 ID:???0
しかし、その状態でも彼女は何故か、下腹部に手を持っていった状態のままだった。
俺は不思議に思っって、彼女の手首を握りしめて、よっくりと退けさせた。
そこには、弛んだ下腹部の肉と皺皺になった皮が醜く存在していたのだった。
所謂妊娠線と言う奴だ。洋子さんは恥ずかしそうに「子供2人も生んでるし~」と。
俺は無言でその部分の皮膚を触ってみた。以外にスベスベして気持ちが良かったw
そして彼女の下着姿を、舐めるように下から上へと見た。
彼女はジロジロと見られることが、恥ずかしそうに耐えているようだった。
その後俺は目線をバストに持って行った。黒いブラジャーの中に押し込まれたような
大きく白い2つのおっぱいの谷間に目線は釘付けになった。
俺は恐る恐る彼女の背中に手を回し、ブラのフォックを外したのだった。
勢い、ブラジャーは前にポトリと落っこちそうになったが、彼女の肩に肩紐が引っかかり
辛うじて引っかかっていた。しかしそのブラを彼女自身が取って床に落とした。
 そこで俺は3度目の驚く羽目となったw
そこには、大きいが、のしイカのようにペッタンコになり垂れ下がった乳房があった。
しかも乳首・乳輪は大きく肥大しており、少し黒ずみ、お世辞にも綺麗なバストではなかった。
一瞬、引きそうになった俺に洋子さんは「女はね、子供生むと、みんなこうなるのよ」と開き直って言い放ったw
俺は意を決してw恐る恐る乳房を揉んでみたのだった。「柔らかい」と思った。
少し空気の抜けた軟式のテニスボールのような感じだった。高校生の彼女の感触とはまったく違っていた。
でも揉んでみて気持ち良かったよ~。

100: 64 2007/04/01(日) 21:56:04 ID:???0
洋子おばちゃんの憧れの垂れパイを揉み揉みしながら、ゆっくりと彼女を後退させて
ベッドの隅まで誘導した。そして上半身裸の彼女をベッドに腰掛けさせた。
俺は座った状態の彼女の足元に跪き、今度は彼女のガーターベルトとショーツ・
ストッキングを脱がせにかかった。まずガーターベルトのクリップを解除し、
陰毛が透けて見えてるショーツに指を掛けた。指先にベトベトとしたローションのような
感覚がありありと伝わってきた。暑さによろ汗によるものか、それとも期待と興奮による
女自身の液体かは判らないが、兎に角、下着は既に濡れ濡れ状態であった。
ゆっくりとショーツを下ろし始めると、彼女自身も協力的に腰を少し浮かせてくれたのだった。
スルッとショーツは洋子さんの股間から抜け落ちた。その瞬間、プ~~ンとスルメイカのような
臭気が俺の鼻先を突いた。しかし、そのことはまったく気にはならなかった。
なぜなら今、俺の目の前には、長年憧れ続けていたおばちゃんのお○○こがあるからだ。
むしろその匂いが、あたかもフェロモンのように俺自身を奮い立たせたのだった。
俺は急ぎ、着ていたシャツを脱ぎ、ズボンを脱ぎ捨てて、ブリーフ1枚となったのだった。

106: 名無しさん@ピンキー 2007/04/02(月) 11:51:34 ID:???0
娘の家庭教師とエッチな関係になってしまいました。
私は30代後半で、彼は大学生です。
彼は、主人の兄の息子さんで、昨年から娘の家庭教師をお願いしています。
たまに、彼が泊まっていくときがあるのですが、その時に風呂上りの彼の体を見るのを、私は密かな楽しみにしていました。
買い物に付き合ってもらったときに、冗談で腕を組んだりして、どきどきしていました。

セックスするきっかけは今年のお正月に、彼が泊まりにきたのですが、主人はお友達の家に遊びに行ってしまい、娘も自分の部屋で寝てしまったあと、関係を持ってしまいました。
彼とテレビを見ながら、いつものように冗談で腕を組んでいたら、彼に抱き寄せられてキスされました。
私は、慌てて娘に聞こえないように小声で、「ダメ、ダメ」と拒否したのですが、その場で押し倒されて組み敷かれてしまいました。
彼のアソコを見ると、ものすごく大きいモノが勃起していて、私はどうしていいかわからなくなり動けなくなってしまいました。
そして、私に押し分けるように挿入してきました。彼のセックスは力強く激しい行為でした。
私は、気持ちよすぎて何度もいってしまいました。

一度関係してしまうと、不思議なものですが、彼からの誘いが楽しみになってしまい、今日まででこの日のことを含めて3回も関係しています。
主人のことは愛していますが、彼とのセックスにはまっています。
恋愛ではないのですが、楽しみになっています。
彼に耳元で「早紀さん」と呼ばれますとぞくっとします。

107: 名無しさん@ピンキー 2007/04/02(月) 11:54:36 ID:???0
(こぴぺ2)
昨日(月曜日)は、家庭教師の最中に娘の部屋から出てきた彼に、キッチンで胸を揉まれました。
彼と関係して以降、家庭教師の度にいたずらされます。
いたずらと言っても、そんなに大胆なものではないです。
昨日は、私の背後から胸を2、3度揉んでいきました。
もちろん服の上からです。
私はそれだけで濡れてしまいます。
ドキドキしています。
(こぴぺ3)
昨日は、家庭教師の途中に私のところにやって来て、
胸を少し揉まれたのと、髪をかきあげられてうなじ
をペロペロ舐められました
興奮しました
でも最近セックスはしていません
彼は、また私を抱きたいというようなことを言っていました
私も抱かれたいです
(こぴぺ4)
今日は少し大胆に、彼は私のセーターの中に手を入れてきて、直接乳首をコリコリといじってきました。
そして彼は、「明日、お昼に来ていいですか」と聞いてきました。
明日は娘の家庭教師の日ではないのです。
つまり、明日誰もいない昼時にやってきて、私の体を抱きたいと言っているのです。
私は黙ってうなづきました。彼とは数週間エッチをしていないので、明日は緊張するかな。

108: 名無しさん@ピンキー 2007/04/02(月) 11:57:04 ID:???0
(こぴぺ5)
2月16日に彼は、家にやってきましたが、期待したほどの濃厚なものではありませんでした。
彼も時間がないらしく、慌しいセックスでした。
寝室のベッドの上で、私が四つん這いになって、前戯もほとんどなく、貫かれました。
犬の交尾みたいに、後ろから抱えられて、激しくセックスしました。
彼は若いので、荒々しい獣のようなセックスで、私も「ウウォ、ウウォ。」って変な声を出してしまって恥ずかしかったです。
(こぴぺ6)
久しぶりに書き込みします。

最近は彼とメールで連絡しあって、4月から彼がアパート暮らしを始めたので、アパートに行って抱かれています。
今日は、私はタイトスカートを穿いていたのですが、そういうときは、彼はタイトスカートを捲り上げて、四つん這いにさせて、貫きます。
私も、犯されているみたいで、感じてしまい好きです。
彼の欲望に身を任せています。
いけないと思いつつ、関係が続いています。
(こぴぺ7)
彼と関係を持ってから1年が経ちました。

大晦日に彼はやってきました。
最初のうちは家族も一緒に居たのですが、娘はあいにく初詣に友達と行くために夜から外出。
主人もお友達と遊びに行ってしまい、私と彼の二人だけになってしまいました。
しばらくこたつに入って紅白歌合戦を見ていましたが、1時間もしますと彼が私の後ろに回って抱きしめてきました。
彼は私に「やりたい」と囁いてきました。
私は「ダメよ」と断りましたが、形だけのものです。
私は彼に組み敷かれ、何度も貫かれました。
いつもは慌しいセックスですが、今回は一晩かけてゆっくりしました。
彼も1年前に較べてずいぶん上手くなって、私も何度かいきました。
久しぶりに満足でした。

111: 名無しさん@ピンキー 2007/04/03(火) 10:24:34 ID:fBV14gdE0
スーパーのレジで前に並んでた奥さんは同じマンションの人だった。挨拶するほど
親しくもなく財布を取り出すのに苦労して大きめのバックを落としてしまったら
中から見覚えのあるローション(ぺぺ)があった。慌てることもなく整えてた。
もしやこの奥さんデリで仕事の帰りに買物か?中坊くらいのムスメがいたはず
澄ました顔して風嬢かよ

112: 名無しさん@ピンキー 2007/04/03(火) 11:17:01 ID:???0
>>110
105ではないが、俺っちの奥も宴席の時なんかはガーターをしていくよ
一度理由聞いたら、「見られた時にも恥ずかしくないでしょう」って。
はあ?誰にみせるのじゃ?っと突っ込み入れたかったが、怖かったから黙ってしまった。
奥曰く、「友達はみんなガーター結構するよ」だってよ
これって間違いなくアバンチュール求めてるのか?鬱だ・・・・

113: 名無しさん@ピンキー 2007/04/03(火) 16:08:50 ID:???0
まあ、ガーターは経産婦が下っ腹の醜さを隠すための下着だから
主婦がしててもおかしくはないのだが、>>104は勘違いしてるのかな
逆さ撮りしてると結構出くわす罠。

116: 名無しさん@ピンキー 2007/04/04(水) 14:46:21 ID:cOMmnXakO
中学一年の時、隣に引越してきた久美子さん当時28歳と昭則くんとで近くの池で、ザリガニ釣りをした時に、俺は、久美子さんのムッチリふくらはぎを、触った後でザリガニをムチムチふくらはぎに、鋏ませた事がある

117: 名無しさん@ピンキー 2007/04/04(水) 14:49:07 ID:cOMmnXakO
久美子さんのムッチリふくらはぎに、ザリガニを鋏ませ、久美子さんは、痛い~と叫び、俺は、ザリガニを離したら、ハサミの痕が、久美子さんの白いムッチリふくらはぎに、残った

120: 名無しさん@ピンキー 2007/04/04(水) 17:29:37 ID:???0
いつも行く床屋の43歳の熟。Eカップはありそうな胸とパンパンにヒップラインを
浮かびあがらせたジーンズが魅力で2週間に一度の割合で行ってしまう。
3年も通うと、世間話にも花が咲き、先日は熟のスタイルの良さを褒めちぎった。
そうしたら、年甲斐にもなく、えらくはにかみ俺に照れの流し目まで、送ってくる。
洗髪の段になると、俺の右股に熟のムチムチの左股を押し付けながら、「かゆいとこないですか?」と
きたから、「股間が少々・・」と呟いたらクスクス笑い出し、まんざらでもない風。
その後、Eカップの胸を事に乗じて押し付けてくるので、「マリのようで最高ですよ!たまりません!」
と返すと、顔を赤らめ、「○松さんのエッチ!」と。熟がそんな科を作るなんてミスマッチと
思いながらも、俺に好意を寄せてるとのぼせた。

121: 名無しさん@ピンキー 2007/04/04(水) 17:53:03 ID:???0
そして、昨日にいったら、ラッキー!熟が一人で店に出ていた。30分待たされ、
俺の番に。前回のこともあったのか、熟の表情が艶かしく映った。
旦那のいない事を問うと、会合に行って不在だと言う。明るい店内とはいえ、
俺の悪戯心がムクムクと。いよいよ、洗髪の段になり、熟の身体が密着するくらい
横に寄って来たタイミングを見はかり、俺の右手が白布の下からスーッと出て、
熟のパンパンのヒップをシーンズの上から撫でる。熟は一瞬ピクリと身を硬くしたが、
そのまま、洗髪を続けた。少ししたら「○松さん、だめぇですぅ」と甘える。
これはいけると判断し、調子に乗って太腿あたりまで撫で回す。俺も引っ込みが付かなく
なり、払いのけられるタイミングを待ったが、一向にやってこない。
そのうち、俺の愛撫も冗談から本気に変わり、指先まで駆使して熟の股間まで
進入。払いのけられるのを期待して。ところが俺の意に反して、

-エッチ体験談, ツーショットダイヤル, テレビ電話アダルトチャット, 人妻と出会えるツーショットダイヤル, 出会えるツーショットダイヤル, 女性と出会えるツーショットダイヤル
-, , , ,

Copyright© スマホライブチャットを無料で楽しむ方法 , 2017 All Rights Reserved.